RPG

アルカ・ラストを実際にプレイしたみたレビューと評価!

こんにちは~

今回は新作スマホRPGの「アルカ・ラスト」を実際にプレイした感想をレビューしていきます。

始める前に気になっている人などは必見ですよ!!

↓Androidの方はこちらからダウンロード 


アルカ・ラストはこんなゲーム

正しく世界を終わらせるRPG

アルカラストは、原作・キャラクターデザインに「幻想水滸伝」の河野純子氏、メインテーマに「悪魔城ドラキュラ」の山根ミチル氏を起用したスマホゲームです。

ストーリー部分に結構力を入れているなという印象で、7つの世界・7人の主人公で物語が展開し、それぞれの世界に正しい終わりを迎えるのが目的のゲームとなっています

まるで神になったかのようなストーリーには引き込まれること間違いなしです!

バトルシステム

バトルはMAX6人のパーティを編成することができ、セミオートで戦っていきます。

緑のバーがHP、黄色のバーがSP

通常攻撃はオートで、アクションスキルや絆スキルといったものをプレイヤーが好きなタイミングで発動する形になっています。

さらにオート戦闘機能もあり、戦闘速度も3倍まで加速可能です!!

キャラクターはそれぞれ前衛・中衛・後衛に分類されており、それによって配置される位置が違ってきます。

前衛、中衛、後衛の順で被弾しやすいので、防御力の高い前衛キャラがいると戦闘がぐっと楽になりますよ!!

育成要素は全部で4つ!

育成要素は大きくわけて4種類あります。

  1. 装備を集め、ランクアップ
  2. キャラクターの武器を強化
  3. キャラクターレベル・スキルレベル
  4. 素材をあつめて上限解放

スマホゲームによくあるパターンなのでRPGが好きな方には手馴れたものでしょう笑。

ランクごとに設定された装備を全て集めることでランクアップできる。

アルカ・ラストを実際にプレイした感想

アルカ・ラストの魅力的な部分

バトルシステムや育成システムは従来のスマホRPGによくあるタイプのものでした。

そしてオート戦闘機能や倍速戦闘など、最近のスマホゲームで便利だと感じる機能はほとんど取り入れられていて、作業に追われるといったことも一切ありませんでした。

レア度が低いキャラクターでも、レア度最高まで星上げができるため、ガチャゲーにならないのは特に良い印象でした。

ストーリーも有名どころを起用しているだけあり、かなり魅力的なシナリオになっています。

アルカ・ラストの悪い部分

個人的にちょっと違和感を感じた部分は操作性やカラーの配色が一昔前のゲームみたいだったことですね。

最近のRPGはどれも似たようなボタン配置で、鮮やかなカラーを使っているものが多いので少し慣れるのには多少時間がかかりました。

僕は少し残念だなと感じましたが、逆にこれがいい!と感じる人もいると思います。

決定的にダメというわけではありませんが、好みを分ける点だと思います。

アルカ・ラストの課金要素・ガチャについて

ガチャの確立
星3 3%
星2 15%
星1 82%

星3の確率は3%と一般的なスマホガチャと似たような確立です。

このゲームは星1でも最高ランクの星5まで上げることが出来るため、ガチャの確立は気にする必要なさそうです。

ガチャで星3を引いたからといって最終的に強くなるとは限りません。(ほとんどが強くはなりますが笑)

さらにゲーム内でやり直しができるので、リセマラの際のアンインストールは不要です。

引き直しガチャ(星3確定)+11連分が回せます。

まとめ

  • ストーリーが面白いスマホゲーム
  • 課金による差が少ない
  • 便利な機能が全て揃っている
  • 操作性などが少し古い感じがする

ストーリーは面白く、毎日の日課は早く終わるので、ライトユーザーにオススメできるゲームだと思います。

毎日長い時間かけてガッツリやるゲームというよりかは、ちょっと空いた時間に少しやるみたいなゲームだと思います。

興味のある人はぜひプレイしてみてください!